<今度は ロッシー王子が・・・>

2010.08.27 00:36|ロッシー王子
3日前の朝、ロッシー王子の顔を見ると
結膜炎


左目があいてません


本人は左目を気にする様子はなく、食欲もあり、いたって普通なんですが


かかりつけの動物病院に連絡すると,夏休み中


とりあえず様子を見よう・・・ということにしましたが
夕方になっても細目でしょぼつきがあって、何かイヤな予感がして


近くのもう一つの動物病院に連絡しましたが、連絡がつかず
再度、かかりつけの動物病院に連絡して、メッセージを残しました。


すると、間もなく連絡があって、お留守番の先生が見てくださることなりました。


心配しましたが、診察の結果、眼底の検査も異常なく「結膜炎」ということで
目薬とエリザベスカラーをつけることに

結膜炎-2

エリザベスカラーをつけたロッシーは、固まってしまい
ゆっくりねることもできない様子でした。


ストレスを貯めやすい老猫のため、目を気にすることもないので
エリザベスカラーから解放してあげました。



ちゃんと目薬をつけてあげたら
2日後、動物病院の夏休み明けに診察に行く日、左目のしょぼつきはありません。
結膜炎-3


病院に行くとき、キャリーの中で暴れるロッシー王子を見守るちいたでした
結膜炎-4


病院の診察では、
結膜の赤みも取れて、あと2,3日目薬をつけてください
ということで、一安心

いっしょに、甲状腺機能障害で「メルカゾール」を投薬中のため
血液検査もしました。


借りてきた猫状態のロッシーは、血液検査のときも
看護士のお姉さんに甘えて、
先日のどこかの女王様とは大違いでした。


老猫になると、病院通いが増えますが
悪い病気ではなく、まずは一安心でした 


*********************************


甲状腺機能障害のために、投薬を受けているので
薬が効いているかどうかの血液検査をしましたが・・・

結果が出たので動物病院から連絡がありました


「数値が低くなりすぎているので、今までの半分にしてください。

その結果を知りたいので、1ヶ月後に血液検査をします。」

と、いうことでした。


確かに、最近はあまりお昼寝をしないで徘徊?することも、
急に家中を走り回ることもなくなって、
「薬が効いているのか、最近、随分落ちつているね~」
と、話していましたが・・・


やはり、効き過ぎていたとは、
あるイミ
薬は怖いですね


スポンサーサイト

コメント

no title

エリザベス、わんこも苦労しますよ。
最近は布製のドーナツみたいなエリザベスがあるので、その方が負担は少ないみたいです。

甲状腺も難しい病気ですね。
私はバセドウ病なんですが、検査したり薬の量を決めるために11歳で1か月の入院をしました。
動物も同じ病気になるんですよね~
動物は口で症状が言えない分、余計に薬の量を決めるのが大変ですね。

no title

結膜炎だったんですか~
でも目薬が効いてくれて良かったです。
薬の効きすぎって、そんなことがあるなんてビックリ!
次の血液検査では、平常に戻っているといいですね。

☆でんぐりがえるさんへ

コメントありがとうございます。

ワンコ用のドーナツ型のカラーはありますよね~
猫用もあるんでしょうか・・・
でも、小型犬用なら大丈夫かも!

かえるさん、大変だったんですね。

動物はしゃべれないから、
しっかりフォローしないといけないと思います。

☆モモ大好きさんへ

コメントありがとうございます。

朝見たら、片目になっていたので
びっくりしました。
目薬はいやがっていましたが、
だましだまし、点眼しました!

薬が効かないより良いのですが、
効き過ぎも困りますよね~

非公開コメント

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
☆参加ランキング一覧☆

ブログ村のランキングに参加してみました! 気に入っていただけたらクリックおねがいします! ↓↓↓↓↓

☆かいてる人☆

マッチータ

Author:マッチータ
猫大好き! ゴールデンレトリバー大好き・・・
映画や海外ドラマ、音楽も好きです。8歳9ヶ月で、ゴールデンレトリバーの先代犬を天国へ送り出してから3年後、運命の出会いを果たした2代目犬と猫たちとの毛まみれ生活を綴ってみます。
平成19年度「愛玩動物飼養管理士」1級 取得

☆にゃんこ&わんこ紹介☆

★ナナ★

1995年11月13日生まれ 
アメリカンショートヘアー 女の子

猫族の最長老として君臨。とっても優しいけど、賢くてキツ~イ女王様。ちいたとラブラブだけど、ロッシーにはキツ~イ態度。アローにも一目置かれている。2013年3月に肥大型心筋症と診断。 2015年5月4日19才6ヶ月で脳腫瘍のため永眠。

==============

★ロッシー★

1996年4月12日生まれ  
ロシアンブルー   男の子

いつも、ほげ~としている甘えっ子の王子。若猫時代はやんちゃな一面も。老猫時代はナナとは、つかず離れずの関係を保つ。甲状腺機能亢進症と慢性腎不全の闘病の末、2014年1月15日17才9ヶ月で永眠。

==============

★ちいた★

2008年7月20日頃生まれ(推定) 
かぎシッポのハーフ 男の子

私が鳴き声を聞きつけ娘たちが保護した猫。健康そのものだったので、ウチの子に。アローにストーキングされて大迷惑・・・かと思いきや、仲良くできる、相変わらず大らかな子。

==============

☆リキ☆

2000年4月16日生まれ 
ゴールデンレトリバー 男の子

人も犬も猫も大好きな優しい子。「ちいた」の育ての兄。
2009年元旦に足の麻痺が始まり、1月8日8歳9ヶ月で天国へ召される。2日前に、「ガン」がみつかり手遅れでした。
我が家の殿堂入りワンコ。

==============

☆アロー☆

2011年1月10日生まれ(推定) 
MIX 男の子

動物愛護団体主催の保護犬譲渡会で運命の出会いを果たした末っ子。2011年6月からウチに子に。
甘えっ子で寂しがりや、図々しいけど愛嬌たっぷりの憎めないおこちゃま。ちいた大好きっ子。リキに似ているともっぱらのウワサ。
==============

★まめもち★

2015年3月28日生まれ
白キジ   男の子

スーパーの掲示板にあった里親募集で出会った、「お餅」のような感触の子。 物怖じしない元気一杯な反面、超甘えっ子。

☆最新記事☆

☆最新コメント☆

☆カテゴリ☆

☆月別アーカイブ☆

☆リンク☆

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる